消費者金融カードローン使用経験者です。初めて、カードローンを使用したのはまだ学生でした。学生でも審査が通るのかわからず、やってみました。当時の借入金は旅費のための10万円と額が低い事もあったためか、無事審査可となりました。

返済は滞ることも無く、返済も終えました。その後、返済を遅延なく返済しており、私が学生を卒業し社会人となり、安定した収入も増えたころ、借入可能額の増額を依頼しました。
すると、何の審査も無しに借入可能額が増えました。審査は、信用です。ご自身が過去に何の事故も無く、ブラックでなければ、基本的には問題なく審査は通ると思います。しかし、借入可能額には限度があります。

消費者金融の場合、年収の3分の1までという規則があります。審査のお申込みに、虚偽の内容が無ければ年収の3分の1までは借入可能となるでしょう。事実、源泉徴収などの提出書類を偽造し虚偽の年収等でお申込みをしても、返済時に大変な思いをするのはご自身です。消費者金融は簡単にお金を借り入れる事ができるので上手に使えばとても便利ですが、簡単にお金を借りる事ができる反面ご自分の首を絞めるのも簡単です。

某消費者金融のコマーシャルで「ご利用は計画的に」というフレーズを耳にしたことはあると思います。本当にその通りで、カードローンがどのようなシステムであるかの認識、そして、その後の返済額や返済予定をよく理解した上で、借金地獄とならないようにご自分に見合った借入を行い上手に消費者金融を利用することをお勧めいたします。