“ザックジャパン、ギリシャ戦で勝利出来たら良いなと本当に心から応援しています。
私が観出すと負け試合になりそうで怖くて観れません。
コートジポワール戦ではチラッと観た瞬間、点数を二点連続入れられて、後から敗戦したと聞いて、
ああ…私が観たせいだと勝手に罪悪感に苛まれています。

日本人はメンタルが弱い気がします。
選手のコメントを聞いていても、自分達を責めているのがひしひしと伝わってきました。
後ろを振り返らないと、監督から言われたそうなのですが、
コートジポワール戦のダイジェストを観てみると、確かに動きが鈍い感じがして、
日本は守り過ぎだった感じがします。
これが普段の動きだとしたら、日本は弱くてどこの国にも勝てない気さえしてきます。

普段の動きが出来るように、もっと攻めのサッカーをして欲しいです。
私は観れないですが、勝利を祈るばかりです。

それと選手の気持ちの切り替えがちゃんと出来るのかが、すごく心配になります。
まだ終わったわけではなく、終わったと感じた時が本当の終わり…。
そこで思い出すのが、スラムダンクに出てくる安西先生の『諦めたらそこで試合終了だよ』の名言です。
選手もこの言葉は世代だと思うのでよく知っていると思います。
どうかこの安西先生の言葉を思い出して忘れないように、頑張って欲しいです。

敗戦が頭によぎっても最後まで、勝つ事ゴールする事に執着して欲しいです。
現地まで足を運んでいるファン、日本で応援しているファンに堂々とした気持ちになれるような、
応援している人達を裏切らないプレーをする事が、勝敗よりも大事な事なのだと思います。